iPhoneを売る時には必ずアクティベーション(アクティベート)しよう!

人によっては、「iPhoneを売るときにはアクティベーションが必要」という話を聞いたことがあるかもしれません。なぜアクティベーションしてから、買取してもらう必要があるのでしょうか。 今回は、アクティベーションが必要な理由とアクティベーションの手順について、詳しく紹介していきます。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneを売る時にアクティベーション(アクティベート)が必要な理由

まずは、iPhoneを売るときにアクティベーションがなぜ必要なのか、その理由について確認していきましょう。

そもそもiPhoneの「アクティベーション」とは?

アクティベーションとは、iPhoneを初期化したあとに、iPhoneが使えるように開始設定(初期設定)までを済ませておく作業のことです。
開始設定には、Apple IDやiCloud、言語の選択、インターネットの設定などがあります。

アクティベーションを行わずに売るとどうなる?

アクティベーションをしないまま iPhoneを持ち込むと、買取業者によっては減額されたり、買取自体を断られたりする場合があります。

理由は、アクティベーションをしていないと持ち込まれたiPhoneをスムーズに査定できないので、余計な手間がかかってしまうためでしょう。そのため、iPhoneのオーナー以外もiPhoneの操作がしやすいように、アクティベーションをしておく必要があります。

目次へ

「アクティベーションロックの解除」と「アクティベーション」の手順

アクティベーションを行う前には「アクティベーションロック」を解除しておきましょう。
ここからは、「アクティベーションロック解除」から「アクティベーション」までの一連の操作方法を解説していきます。

アクティベーションロック解除の手順

アクティベーションロック解除とは「iPhoneを探す」という機能を、オフに変更しておくことです。
「iPhoneを探す」機能がオンになっていると、iPhoneを紛失してしまったときや盗難にあった場合でも、iPhoneのデータを第三者が見たり使ったりできなくなります。
ほかにも、パソコンからiPhoneを操作して「iPhoneにロックをかける」、位置情報で「iPhoneがある場所を確認する」、「iPhoneを初期化させる」などが可能です。

iPhoneの中にあるデータを保護する面でとても役立つ機能ですが、アクティベーションロックを解除しておかないと、Apple IDとパスワードを何度も入力しなければなりません。
そのため、買取業者がiPhone操作をスムーズに行えるようにするために、アクティベーションロックを解除しておく必要があります。

アクティベーションを行うときには、iPhoneを一度初期化しますが、初期化をしただけでは「iPhoneを探す」機能はオフになりません。
iPhoneの初期化後に、またApple IDとパスワードの入力が必要になるので注意しましょう。

アクティベーションロックの解除方法

1. iPhoneの「設定」を開く
2. 上部にあるユーザー名「Apple ID」 をタップする
3. 「iCloud」を選択する
4. 画面をスクロールしていき、「iPhoneを探す」をタップする
5. ボタンを押して「オフ」に変更する

※オフに変更するときには、Apple IDパスワードが必要になるので、前もってパスワードを用意しておきましょう。

アクティベーションの手順

ここからは、アクティベーションの手順を解説します。

1.サインアウトする

Apple StoreやiTunes Store、iCloudなどにログインしている状態になっているので、iPhoneを操作してサインアウトしましょう。
データをバックアップしておきたい場合は、サインアウトをする前に iCloudなどを使ってバックアップをとっておきます。

■iTunes StoreやApple Storeからサインアウトする方法
1. iPhoneの「設定」を開く
2. 画面をスクロールして、「iTunes StoreとApple Store」を選択する
3. 「Apple ID」をタップする
4. 「サインアウト」を選択する

■iCloudからサインアウトする方法
1. iPhoneの「設定」を開く
2. 上部にあるユーザー名「Apple ID」 をタップする
3. 画面をスクロールして、一番下にある「サインアウト」を選択する
4. 「Apple IDパスワード」を入力する
5. 画面右上にある「オフにする」をタップする
6. 「データのコピーをこの iPhone に残しますか?」というログが出る
7. すべての項目をオフにして、画面右上の「サインアウト」をタップする
8. 「本当によろしいですか?」というログがiPhone画面に表示される
9. 「サインアウト」を選択する

2.iPhoneを初期化する

1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「一般」をタップする
3. 「リセット」を選択する
4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする
5. iCloudを使ってバックアップを行うか、確認のログが表示される
6. 「バックアップしてから消去」「今すぐ消去」から、どちらかを選んでタップする
7. パスコードを入力する
8. 「iPhoneを消去」を選択する
9. 再度、確認のログが出るので「 iPhoneを消去」をタップする
10. iPhoneの初期化が始まる

3.アクティベーションを行う

1. 電源を入れて、iPhoneを起動する
2. 「こんにちは」と画面に表示されたら、画面をスワイプ
3. 「日本語」をタップする
4. 「国又は地域を選択」の項目で「日本」を選択する
5. 「キーボード」の項目はそのままで、画面右上にある「次へ」タップ
6. 「Wi-Fiネットワークを選択」して、使用可能なWi-Fiを選ぶ
7. Wi-Fiのパスワードを入力して、画面右上にある「接続」をタップする
8. 「位置情報サービス」は「位置情報サービスをオフにする」を選ぶ
9. 「位置情報サービスをオフにしますか?」の問いかけには「OK」をタップする
10. 「Touch ID」の機能については「Touch IDを後で設定」を選ぶ
11. 「Touch ID を後で設定しますか?」の問いかけには「続ける」をタップする
12. 「パスコードを作成」は「パスコードオプション」を選ぶ
13. 「パスコードを追加しない」をタップして「続ける」を選択する
14. 「Appとデータ」は「新しい iPhoneとして設定」を選ぶ
15. 「Apple ID」の入力に対しては「Apple IDをお持ちでないか忘れた場合」をタップする
16. 「あとで“設定”でセットアップ」を選んで「使用しない」を選択する
17. 「利用規約」は、右下にある「同意する」を選ぶ
18. 「Siri」は「Siriを後でオンにする」をタップする
19. 「診断」は「送信しない」を選択する
20. 「ようこそ iPhone へ」の画面が表示されたら、アクティベーション完了

電話番号の削除方法

アクティベーションができたら、iPhoneから「SIMカード」を抜いておきましょう。
SIMカードを抜いたあと、iPhoneの「連絡先」を確認してみると、自分の電話番号が表示されることがあります。
その場合は、電話番号が表示されないように操作が必要です。

電話番号削除の手順

1. SIMカードを抜いた状態で、iPhone の「設定」を開く
2. 「一般」をタップする
3. 画面をスクロールしていき「リセット」を選択する
4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップする

買い取ってもらうときに、自分の番号が残ったままになっていると悪用されないか心配です。この方法を使って、電話番号まできちんと消すようにしてください。

目次へ

もしもアクティベーションロックの解除ができない場合

アクティベーションロックの解除がうまくいかないときや、iPhoneの操作自体ができない場合は、街の修理業者に相談してみましょう。

スマホスピタルなら、アクティベーションの方法がわからない、iPhoneの不具合でアクティベートができない場合でも、専門スタッフがていねいに対応します。
スマホスピタルではアクティベーションロックの解除不可以外にも、画面割れや水没などで故障してしまったiPhoneの査定も可能です。

スマホスピタルグループは全国に約80店舗あり、豊富な修理実績を持つiPhoneを熟知したスタッフが正確な買取査定を行います。
郵送でも買取が可能なので、近くに店舗がない場合でも安心してください。日本全国どこからでも、買取依頼ができます。

目次へ

まとめ

せっかくiPhoneを売却するのですから、アクティベーションが必要だと知らなかったり、アクティベーションの方法がわからなかったりなどが理由で、買取価格を下げてしまうことは避けておきたいところです。
そうならないためにも、必ず事前にアクティベーションは行ってください。
今回紹介した方法を行って、iPhoneの査定時に損をすることがないよう、適性価格の売却を目指しましょう。

目次へ