• TOP
  • お役立ち情報
  • 保護フィルムとガラスコーテイングの違いって何?どっちがいいの?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

アクセサリー・コーティング

スマホスピタルお役立ち情報 保護フィルムとガラスコーテイングの違いって何?どっちがいいの?

smartphone_blank_tenin_woman

スマホの画面が割れたり、画面に何か不具合が起きたことはございませんか?

ほとんどのスマホの画面はガラス素材で出来ているため

落下などの強い衝撃を受けると、画面の表面のガラスが割れてしまうことがあります…

ガラスが割れなくても、衝撃の影響でガラスの下にある液晶が破損して

表示に線やシミが写り込んでしまうということも起きることもございます。

 

そんな画面に不具合が起きないようにと、保護をするアイテムがありますよね!

もうすでに多くの方がご存知の「保護フィルム」になります。

「保護フィルム」は、画面に直接貼り付けることで、落下時の衝撃を防ぐことが期待できます。

受けた衝撃を「保護フィルム」が吸収してくれて、画面を守ってくれるのです。

 

最近では、その「保護フィルム」と同じくスマホの画面保護のアイテムとして

「ガラスコーテイング」の人気が高まり、注目を集めているのです!

ですが「保護フィルム」と「ガラスコーテイング」はどっちがいいのか迷われる方もいらっしゃるかと思います。

どちらがいいのか、違いをご紹介していきます(^^)/

 
・「保護フィルム」
画面の保護をするアイテムとして最も認知されているのが「保護フィルム」でしょう。

上記でも述べたように、「保護フィルム」自体が受けた衝撃を吸収してくれて

画面を守ってくれるという、目で見て分かる安心感があるアイテムになります。

その分、ずっと貼っていることでフィルムも劣化してくるので、

ガラス素材のものであれば割れたら、樹脂素材のものであれば端がめくれてきたり傷が目立ってきたら

それぞれ貼り替えをおすすめしています。

 
・「ガラスコーテイング」
「ガラスコーテイング」は「保護フィルム」とは異なり、施工前後で見た目の違いはほとんどありません。

施工しているのか分かりのですが、指で触ってみるとつるつるとした手触りを感じていただけるかと思います。

「ガラスコーテイング」の効果は、約2~3年ほど持続すると言われています。

効果は自然に剥がれてくるものであり、一旦施工をすると行為的に剥がすことは出来ません。

画面の上にコーテイングしているというよりは、画面そのものを強くしているという感じなので

もし衝撃を受けて画面が割れてしまったときには、画面そのものが割れているということになります。

 

このようにそれぞれにメリットデメリットがございます。

自分は何を重視するのかで、自分に合った方を選んでいただくと良いでしょう。

当店では、「保護フィルム」の販売と「ガラスコーテイング」の施工のどちらも承っております!

どちらにするか迷われているということでも、店頭で詳しくご説明をさせていただけますので

それから決めていただいても問題ございません(‘ω’)ノ

まずはお気軽にスマホスピタル京都河原町店へお越しくださいませ!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。