iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理

iphoneの液晶が反応 しない?ご自身でも試していただける対処法と修理パターンをご紹介します! iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理ならスマホスピタルグループにお任せ!

iPhone・スマホお役立ち情報

その他・珍しい故障について

iphoneの液晶が反応 しない?ご自身でも試していただける対処法と修理パターンをご紹介します!

この記事はスマホスピタル梅田2号が作成した記事です。

iPhoneを使っていると、

画面をタッチしても液晶が反応しないことがあります。

無反応

「これって故障?」

「何か、修理に出さないとダメ?」

そういった疑問がわいてきますよね。

 

もちろん、修理に出すことで、液晶が反応しないという問題を解決できるケースも多く存在します。

しかし、修理に出すことまでしなくても、

ユーザーご自身で対処可能な場合もあります。

そこで今回は、

「iphoneの液晶が反応しない時に試していただきたい対処法」

をご紹介いたします。

併せて、iphoneを画面修理に出した場合の詳細もご紹介します!

 

以下、ご覧いただく前に、現在のiPhoneの状態に関する簡易チェックを行います。

お持ちのiPhoneの状態がどれに該当するかで、お進みください。

・画面は割れていない、または画面が壊れるようなこと(落とした、濡らした、etc.)はしていないはず。→①・②・③

・画面は割れている、もしくは画面が壊れるようなことをした覚えがある、①~③を試してみても状態が改善しなかった。→④

 

①再起動・強制再起動

液晶が反応しなくなる原因はいくつか考えられますが、

その内の1つに「iPhoneの動作そのものが遅く、重くなっている」というものが挙げられます。

たくさんのアプリを同時に使用していたり、

短時間で急激な負荷を掛けたりすると、

iphone本体に大きな負担がかかり、動きが鈍く、重くなることがあります。

この時の動作不良の一環として、「液晶が反応しない」といった症状が一時的に現れることがあります。

 

アプリを終了したり、しばらく放置したりすることで、こういった一時的な不具合は解消することもありますが、

なかなか解消しなかったり、発生頻度が高かったりする場合は、

iphoneを再起動することで症状の改善が見られる場合があります。

ここで言う「iphoneの再起動」とは、

「iphoneの電源を一旦落として、再度、電源を入れること」

を意味します。

つまり、電源ボタンを長押しし、「スライドで電源オフ」を表示させて、そのままスライドして電源を落とせばいいのです。

電源を一旦切った後は、再度電源を入れるといいわけです。

ただ、iPhoneX・XS・XS Max・XRは、従来通りの方法では電源を落とせません。

従来、電源ボタンがあった位置にあるボタン(サイドボタンと呼ばれます)だけ長押ししても、Siriが起動するだけで、

電源を落とす画面にはなりません。

そこで、この4機種だけ、電源の切り方をご紹介いたします。

電源を切る時は、『音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時長押し』することで、

「スライドして電源オフ」が表示されるのです。

IMG_9343 再起動

この時、押す音量ボタンは、音量アップ・音量ダウンどちらでも大丈夫です。

(なお、音量アップボタンとサイドボタンを同時に押してすぐ放すと、スクリーンショット撮影になるので、ご注意ください。)

 

さて、iPhoneを再起動させる時は、アプリをちゃんと終了させてから実行することもできるでしょう。

しかし、液晶がなかなか反応しない時だと、電源オフのスライドがそもそもできなかったり、

アプリを終了させたりすることができなかったりする場合もあります。

そんな時は、「強制再起動」することもできます。

ただし、アプリ動作中にiPhoneを強制再起動させると、

作業中のアプリのデータが失われるなどの可能性がありますので、

緊急性を要する場合に試してみてください。

 

さて、この「強制再起動」ですが、

iPhoneのモデルにより、方法が分かれます。

以下の画像もご参考に、ご自身のiPhoneに合った方法で実施してください。

 

iPhone6s/6sPlus/SEまでの全モデル

『ホームボタンと電源ボタンを同時長押し→電源が切れてリンゴの画面が表示されるまで両方のボタンを押し続ける』

IMG_0555

(画像はiPhone5。電源ボタンは、本体向かって上にあります。)

 

IMG_0558

(画像はiPhone6s。電源ボタンは、本体向かって右側に付いています。)

 

iPhone7/7Plus/8/8Plus

『音量を下げるボタンと電源ボタンを同時長押し→電源が切れてリンゴの画面が表示されるまで押し続ける』

iPhone7以降のホームボタンは、それまでの機種のホームボタンと構造が異なります。

そのため、従来の方法では強制再起動することができなくなっていますので、注意が必要です。

IMG_0290

(画像はiPhone7。)

 

iPhone X/XS/XS Max/XR

①音量を上げるボタンを一度押して、すぐ放す

②音量を下げるボタンを一度押して、すぐ放す

③電源が切れてリンゴの画面が表示されるまで、本体右側のサイドボタンを長押しする

iPhoneX以降は、そもそもホームボタンがなくなりました。

そのため、8シリーズまでのiphoneのどれとも違う方法で、強制再起動するようになりました。

(ここまで来ると、もはや隠しコマンドですね。。。笑)

IMG_9343 強制再起動

(画像はiPhoneX。)

 

出先などで急にiPhoneの液晶が反応しなくなった場合は、

強制再起動することで改善する可能性があります。

 

②データ整理

iPhoneを使っていると、アプリを取ったり、写真や動画をトッタリ、音楽データをダウンロードしたりして、

iPhone内部にデータが蓄積されていきます。

しかし、iphoneにデータを無限に蓄積していくことはできません。

それぞれのiPhoneは、データを貯めておける容量が取り決められています。

16GB、32GB、64GB・・・といった数値、聞いたことはありませんか?

この数値によっても、iPhoneそのものの値段が変わりますよね。

この数値こそが、iPhoneに貯めておけるデータ量を示す「容量」なんです。

やはり、容量が大きければ大きいほど、iPhoneの本体価格も上がります。

 

お持ちのiPhoneの容量は、購入された時の箱にも記載されています。

でも、「買った時の箱なんて残してない!」という方もいらっしゃるでしょうし、

「パッと確認することってできないの?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

大丈夫、iphoneの「設定」から、お持ちのiPhoneの容量を確認することができるんです!

歯車アイコンの「設定」をタップして、

「一般」→「情報」の順に進みましょう。

 

IMG_0554

画像は、当店スタッフの私物iPhoneの容量を示したものです。

緑色で囲った部分が、iphoneの「容量」です。

赤で囲った部分が、残りどれだけのデータを保存できるかを示す「使用可能量」です。

それぞれ上から、32GB・64GB・256GBモデルです。

(一番上のiPhoneは、iOSバージョンが古いため、容量表示が下二つとは若干異なります。)

 

さて、iPhoneを購入してセットアップした時、

カメラや写真、連絡先やメモといったアプリケーションは既に入っていますよね。(プリインストールのアプリケーションと言われることがあります。)

実は、iPhoneに定められた容量というのは、こういったプリインストールアプリの容量も含めたものとなっています。

そのため、実際にユーザー自身で保存することのできるデータの純粋な容量は、

iPhoneに表示のこの「容量」よりは若干小さくなります。

(画像一番上のiPhoneは32GBですが、こういったプリインストールアプリの容量を除いた部分が表示されているのです。)

 

さて、iPhoneのこの「容量」、一台一台異なるわけですが、

この「容量」そのものを後から変更することはできません。

「16GBのモデルのiPhoneを買ったけど、もっとデータを保存したいから、32GBにしたい!」

と思っても、それはできないのです。

もしそうしようと思ったら、容量が異なるiPhoneを別途購入せねばなりません。

つまり、一度iPhoneを購入したら、その定格容量内でデータをやりくりせねばならないのです。

 

iPhoneに表示される「使用可能」な容量は、

iPhone内部に保存されているデータが増えれば増えるほど、値が小さくなっていきます。

そして、この値が小さくなっているiphoneは、

データがいっぱいいっぱい詰まっているということになります。

データが大量に詰まったiphoneは、動作が重くなったり、反応が悪くなったりすることがあるんです!

ちょうど、大量の荷物を抱えた人間の動作が遅くなるようなものです。

 

つまり、iPhoneに入っているデータを整理することで、iPhoneが身軽になり、液晶が反応しなくなる可能性を下げることができるかもしれません。

データのバックアップを作成した上で、

iphoneに入れておかなくてもいい写真や動画などのデータを削除したり、

使わなくなったアプリを削除したりして、

「使用可能」の数値を上げていくのです。

また、iphoneそのものの容量を上げることはできませんが、

iCloud(Apple提供のクラウド型データ保存サービス)の容量を上げることはできます。

月額数百円でサイズを拡張できますので、iCloudでたくさんのデータを保存したいという方は試してみてください。

 

③iPhoneを冷ます

「は?そんなことで反応しない液晶がよくなるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、精密機器であるiPhoneにとって、熱は侮れない存在です。

たとえば、パソコンには排熱機構がありますよね。

あれは、パソコン内部で発生した熱を効率よく逃がす仕組みなのです。

 

iphoneも、電気が流れることで動作します。

電気が流れる時、どうしても一定の熱が発生します。

iPhoneにはパソコンのような排熱機構はなく、

本体そのものから熱を発散させる仕組みを取っています。

しかし、iphone自体が高温になりすぎると、

排熱が追い付かず、動作上好ましくない温度まで熱くなることがあるんです。

Appleによると、

iPhoneの動作確認温度帯は

0~35℃であるとされています。

そのため、35℃を超えてくると、iPhoneにとっては望ましくないというわけです。

 

熱くなりすぎたiPhoneは、

いわば自己防衛手段の一つとして、

本体の動作を制限したり、動作が重くなったりするというシステムを有しています。

場合によっては「高温注意」の表示と共に、

一定時間iPhoneが使用できなくなることもあります。

こういった高温になったiphoneの中には、

画面にタッチしても液晶が反応しなくなっているものもあります。

 

過度な高温がiphoneの動作をおかしくしているわけですから、

iPhoneそのものを冷ましてあげることで、より早く動作が改善することがあります。

iPhoneをケースに入れている場合はケースを外し、

背面を外気に触れるようにして、冷ましましょう。

急いで冷ましたい場合や、夏などで外気も比較的高温な場合は、

クーラーや扇風機などの風を当てるのも有効です。

 

ただ、熱くなったアイフォンを早く冷ましたいがあまり、

冷凍庫や冷蔵庫に入れたり、保冷剤を当てたりするのは、危険です!

急激な温度変化をiPhoneに与えると、内部で結露が発生し、水没に近い状態が発生する危険性があります。

あくまでも、涼風程度までの温度帯で冷ましましょう。

 

④画面修理に出す

画面が物理的に破損している、破損している疑いがある、上記対処を試してみたけれど改善が見られない、

そんな時は、液晶そのものが破損・故障している可能性が高まります。

故障した液晶部品は、交換することで問題が解決する可能性が高いのです。

 

iPhoneの液晶修理は、AppleやAppleの正規代理店、各携帯ショップといった、

いわゆる「正規修理店」で相談することも可能ではあります。

しかし、こういった正規修理の場合、修理完了までにどうしても日にちがかかります。

また、修理に出す前のデータバックアップが必須です。

「短い期間で、修理を済ませたい。」

「データのバックアップもとれなくなっているから、データを消さずに修理したい」

そういったご要望・ご相談も、スマホスピタルには多く寄せられています。

 

そんな時、お役に立てるのがスマホスピタルです。

iPhoneの画面修理なら、基本的に即日対応が可能です。

その日に出して、その日に受け取れるんです!

しかも、修理後もデータはそのまま!

バックアップが取れないまま修理しないといけない場合も、

安心して修理に出していただけます^^

液晶が反応しなくなったiphoneの修理費用はこちらから!

 

また、画面ではなく、本体電子基板に異常が発生していて、液晶が反応しなくなっているケースも、少ないながら存在します。

そんな時、多くの修理店さんでは、もうお手上げになってしまいます。

画面交換はできても、電子基板を修理できる修理店は少ないからです。

 

そんな時も、諦めずにスマホスピタルまでご相談ください。

スマホスピタルでは、データ復旧修理をお受けしております。

部品交換では症状が改善しなかったもの、

他店さんでは修理不可と言われてしまったものでも、

データを取り戻していただけた事例が数多く存在します!

(こちらの修理をご検討中の場合は、店舗スタッフにご相談ください。)

 

iPhoneの液晶が反応しなくなって、どんな対処をしてみても、状態が変わらない・・・

そんな時は、ぜひスマホスピタルにご相談ください。

お持ちのiPhoneをしっかり診断いたします!

スマホスピタル梅田2号

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル梅田2号の詳細・アクセス

〒 531-0072 大阪市北区豊崎3-17-9 豊崎旭ビル2F

営業時間 10時〜20時(定休日:なし)

電話番号 06-6131-6643

E-mail info@iphonerepair-umeda.com

オンライン予約 スマホスピタル梅田2号 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格

その他メニュー

  • iPhoneケース 500円〜 パーツ販売
  • ご不要のiPhoneをお売り下さい 買取サービス
  • 法人様向け 修理・メンテナンス 専属契約をすることで割引もあります。
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • スマホ比較ネット

iPhone修理・スマホ修理速報

  • 岸和田市から操作できないiPhone 6s、交換修理で正常に!画面の割れも同時に解決

    岸和田市から操作できないiPhone 6s、交換修理で正常に!画面の割れも同時に解決

    iPhone 6sの操作がきかない、 と岸和田市南町よりご来店頂きました。   iPhoneを機種変更せずに 今使っている機種をメンテナンスし長く使い続ける という方が昨年から徐々に 増えて...続きを読む

    [2018.11.15] スマホスピタル 和泉府中

  • Zenfone2(ZE551ML)にSIMカードを入れても読み込まない!インターネットに接続出来ない症状もSIMトレー交換修理で改善!

    Zenfone2(ZE551ML)にSIMカードを入れても読み込まない!インターネットに接続出来ない症状もSIMトレー交換修理で改善!

    今回はSIMカードを読み込まなくなってインターネットに接続できなくなってしまったZenfone2(ZE551ML)の修理ご依頼を頂きました! 修理前に動作確認を行うと、確かにSIMカードを抜いても挿し...続きを読む

    [2018.11.15] スマホスピタル 町田

  • iPad Pro 12.9(第1世代)の表面ガラスが粉々にひび割れた!データそのまま修理時間90分程度で即日修理してお返し!

    iPad Pro 12.9(第1世代)の表面ガラスが粉々にひび割れた!データそのまま修理時間90分程度で即日修理してお返し!

    今回は表面ガラスが粉々に割れてしまったiPad Pro 12.9(第1世代)の液晶画面交換修理ご依頼を頂きました! 画面全体にひび割れが広がってしまっているのと、フロントカメラ周辺のガラスが粉々に割れ...続きを読む

    [2018.11.15] スマホスピタル 町田

  • アイホン8の液晶画面が粉々に割れても作業時間30分程度で修理完了!3Dタッチも問題なく反応します!

    アイホン8の液晶画面が粉々に割れても作業時間30分程度で修理完了!3Dタッチも問題なく反応します!

    今回は液晶画面が粉々に割れてしまっているアイホン8の修理ご依頼を頂きました! ご覧の通り、液晶画面全体が粉々に割れてしまっています。 これでもタッチ操作が出来る状態だったのですが、ガラスの破片が落ちて...続きを読む

    [2018.11.15] スマホスピタル 町田

  • 『画面交換修理』iPhone7を落としてしまって画面が割れてしまった!

    『画面交換修理』iPhone7を落としてしまって画面が割れてしまった!

    『iPhone7』の『画面交換修理』 今回は当店で修理を承っております『画面交換修理』を行いましたのでご紹介させて頂きます!(^^)/   皆さんは使用しているスマートフォンを割ってしまった...続きを読む

    [2018.11.14] スマホスピタル 藤沢