iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理

モバイルバッテリーの選び方 iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理ならスマホスピタルグループにお任せ!

iPhone・スマホお役立ち情報

モバイルバッテリーの選び方

この記事はiPhone・スマホ修理のスマホスピタル博多駅前が作成した記事です。

最近のスマートフォンは、初期の頃に比べてバッテリーの持ちが格段に良くなりました。
しかし、動画視聴やテザリングなど、バッテリーの消耗が激しい機能の利用が一般化してきたことで、バッテリー切れから無縁とは言えず、今も悩みのタネです。
今までモバイルバッテリーを使用していなかった人も、決済機能の利用が増えてきた昨今、改めて購入を検討する価値はあるでしょう。

モバイルバッテリーを選ぶときには、基本的な仕様を理解した上で、自分の利用スタイルに適した製品を見定めることが重要です。
今回は、購入前にチェックするべき機能について、紹介したいと思います。

一般的なハイエンドスマートフォンを1回フル充電したいなら、6000mAhくらいのモバイルバッテリー、2回以上の充電が必要なら10000mAh以上のモバイルバッテリーを選択すると良いでしょう。
Androidのハイエンドスマートフォンや、バッテリーを売りにしたスマートフォンでは、3000mAh~4000mAhのバッテリーを搭載していることが多いです。
例えば、Xperia XZ3のバッテリー容量は3200mAhです。
iPhoneはバッテリー容量は非公開となっていますが、iPhone XやiPhone XSであれば、2600mAh~2800mAhくらいだろうと推定されています。
モバイルバッテリーからスマートフォンに充電する場合、電圧を変換する必要があり、その時にロスが発生するため、モバイルバッテリーのmAhの数値通りにはいきません。
ロス率は製品や充電環境によって変わってきますが、だいたいモバイルバッテリーの6割程度になります。
また、劣化によって容量が減っていくため、その点も考慮する必要があります。
例えば、3200mAhのスマートフォンを0%から100%まで充電したい場合は、3200mAh * 100 / 60 = 5300mAh以上のモバイルバッテリーを買えば良いということになります。

容量の他に、出力アンペアも確認しておきたいところです。
モバイルバッテリーの中では、1~1.5Aは低出力で、2A以上が高出力になります。
最近の製品では、最大出力3Aに対応したUSB Type-Cポートを搭載したものも出てきています。
基本的に低出力のものは避けて、高出力のものを選ぶと良いでしょう。
iPadやAndroidのタブレットの多くは、出力が2A以上ないと充電が出来ないので、注意して下さい。
急速充電と呼ばれる規格には、iPhone 8移行が対応している「USB PD(USB Power Delivery)」や、Androidのハイエンドモデルの多くが対応している「QuickCharge」が有名です。
より素早く充電しちあのであれば、こうした規格へ対応が明記されているモバイルバッテリーやケーブルを買うといいでしょう。
モバイルバッテリーには複数ポートを搭載している製品があります。
こうした製品では複数の端末に同時に充電することが可能ですが、各ポートの出力アンペアが異なることが多いため注意して下さい。
購入する場合は、それぞれのポートが2A以上の出力に対応している製品がオススメです。
同時に充電しても、出力が下がらないことをウリにしている製品もあります。

大容量、高出力のモバイルバッテリーなら必ず使いやすいとは限りません。
例えば、同じ容量の製品でも重量差が100g以上あることも珍しくないため、購入前にはチェックしておきたいところです。
また、スマートフォンを毎回フル充電させる必要がなければ、バッテリー容量を割り切って、小型のモバイルバッテリーを選択するのもアリでしょう。
モバイルバッテリー自体の充電が面倒くさいと感じる人には、コンセントに差し込むプラグが備わっている製品がおすすめです。
外出時にはモバイルバッテリーとして使って、在宅時にはUSB充電器として使えるからです。
iPhoneユーザーでLightningケーブルを使っているという人であれば、Micro USBではなく、Lightningの入力ポートが搭載されている製品もいいでしょう。

充電中のケーブルが煩わしいという人には、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応した製品も選択肢になるでしょう。
iPhoneに関しては、バッテリーを内蔵するケースが公式、サードパーティから販売されています。
これも充電しながら操作しやすいため、iPhoneユーザーにとっては有力な選択になるでしょう。

モバイルバッテリーは頻繁に購入するものでもないため、次回の購入時には上記のような条件を考慮して、購入して頂ければと思います。
また、2019年2月から電気用品安全法の改正に関する経過措置が終了したため、モバイルバッテリーにも「PSEマーク」の表示が義務付けられました。
PSEマークには2種類あり、ひし型PSEは、政府で認定された検査機関による検査を通過し認定を受けたもの、丸型PSEは自主検査、もしくは外部の検査機関で検査を行い結果を保管したもの、という違いがあります。
2019年2月以降、PSEマークのないものは、製造、輸入、販売が出来なくなります。
既に購入している製品に関しては使い続けても問題ありませんが、今後購入する際には必ずPSEマークのついている製品を選びましょう。

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル博多駅前

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル博多駅前の詳細・アクセス

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-14 第2宮島ビル2F

営業時間 10:30〜20:30 (無休)

電話番号 092-475-7007

電話番号 092-475-7007

E-mail info@iphonerepair-fukuoka.com

オンライン予約 スマホスピタル博多駅前 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格

その他メニュー

  • iPhoneケース 500円〜 パーツ販売
  • ご不要のiPhoneをお売り下さい 買取サービス
  • 法人様向け 修理・メンテナンス 専属契約をすることで割引もあります。
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理

iPhone修理・スマホ修理速報

  • iPhoneの画面故障の場合はスマホスピタル京都河原

    iPhoneの画面故障の場合はスマホスピタル京都河原

    今回はiPhoneの修理に来られました。 iPhoneを落とされてしまい画面が割れてしまいタッチの操作が出来なくなってしまたとの事で お持ち頂きました。 画面の左下だけが割れたのですがタッチ操作が出来...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル京都河原町

  • 起動しなくなったiPhone5cがバッテリー交換で起動するようになりました!

    起動しなくなったiPhone5cがバッテリー交換で起動するようになりました!

    今回は、先日当店スマホスピタル高槻店でご依頼いただいたiPhone5cのバッテリー交換修理についてご紹介します。 ご依頼の内容は、購入後2~3年使っていたが、機種変更後はそのまま触らずに放置していた。...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル 高槻

  • バッテリー膨張!XperiaXZ1の交換作業

    バッテリー膨張!XperiaXZ1の交換作業

    膨張バッテリーは本当に危険! XperiaXZ1のバッテリー交換です。  バッテリーが膨張しており、画面を押し上げてしまっている状態です。 バッテリーは消耗品であり、Androidもバッテリー交換目安...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル船橋フェイス

  • スマホ以外の修理も可能です!NintendoSwitchや3DSなどのゲーム機の故障でお困りの方!!スマホスピタル佐賀駅前店にぜひご相談下さい!

    スマホ以外の修理も可能です!NintendoSwitchや3DSなどのゲーム機の故障でお困りの方!!スマホスピタル佐賀駅前店にぜひご相談下さい!

    佐賀駅北口の駅北通りを東(佐賀学園高校方面)に約300mのところにございます、総務省登録修理業者のiPhone修理・スマホ修理のスマホスピタル佐賀駅前店です。スマホスピタルは全国に約80店舗以上展開し...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル 佐賀駅前

  • 液晶画面に黒いシミがでてタッチ操作もできなくなったiPhone11の端末、画面交換修理で改善できます。

    液晶画面に黒いシミがでてタッチ操作もできなくなったiPhone11の端末、画面交換修理で改善できます。

    iPhone11 画面交換修理について 今回修理のご相談を頂いたのは、iPhone11の端末で、映像も見えない所もあり操作もできなくなったと、南区より修理にお越しいただきました。 iPhone11 端...続きを読む

    [2021.09.18] スマホスピタル 広島本通り